洋裁型紙のお店Nara-Kara.です。婦人用洋服型紙。大きなサイズ、割烹着、雑貨やバッグの型紙もあります。

ループの付け方

今回は後スリットあきにループが付く場合の説明です。
他の箇所に付ける場合も付け方は同じですので参考にしてください。

以下のようにループの型紙を作ると形が整えやすいです。
はみ出す厚みはボタンの厚みによって調整します。
球状のボタンの場合はもっと厚みをプラスします。
縫い代巾はスリットに付ける場合は2mmになります。
画像の説明

型紙側にループの縫い目を合わせてアイロンで落ち着かせます
画像の説明

身頃と見返しの後あきの中心線を消えるチャコなどで印つけします
画像の説明

身頃と見返しの後中心線をあきどまりまできっちり合わせます
画像の説明

右側のループを挟み込むところを残して
衿ぐり〜スリット(基本は中心から2mm)を縫います
これは部分縫いですので後衿ぐりのみですが、
作品作りの場合は前衿ぐりも続きの場合もあります
縫いどまりは返し縫するか、後の工程で重ねて縫うようにします
画像の説明

後中心線をあきどまりの1mmほど手前まで切り込みます
画像の説明

最初に用意したループを型紙のまま付け位置にはさみ、
出来上がり線を合わせます。
縫い代巾2mmの線に中心線を合わせてもよいです。
画像の説明

付け位置に合わせたらマチ針などで仮止めします
画像の説明

縫い残してあったところを縫います
画像の説明

あまった縫い代を短くカットします。短くし過ぎるとほつれて抜けやすくなるのである程度長さを残したほうが強度を保てます
画像の説明

衿ぐりに切り込みを入れます
画像の説明

表に返して形を整えます
画像の説明

衿ぐりとスリットの端にステッチをかけます
画像の説明

左側にボタンをつけて完成です

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

高田小百合

ハンドメイド用でも着心地がよい服の型紙を! と思い作っています!