洋裁型紙のお店Nara-Kara.です。婦人用洋服型紙。大きなサイズ、割烹着、雑貨やバッグの型紙もあります。
・・・地直し・・・

リネンやコットンなどの生地の地直しについてお話したいと思います。
購入したばかり生地は写真のように端の地の目が湾曲しているのが普通です。
これは、生地を芯に巻くときに、端を固定しているので、
固定されていない部分との差がおきやすいことによります。
なので、通常は両端が同じ方向(中心から対象)に曲がっています。
この生地の場合は大体きれいに地の目がとおっていて、端から5cmくらいがゆがんでいます。
モノによっては、それに加えてさらに斜めにゆがんでいたりもします。
「地直し」とはこれを縦横まっすぐにする作業です。
縮む生地は「水通し」という作業が必要になりますが、すでに「水通し」済みのものも販売されています。
写真の生地には
「最初の水通しの段階で10%程度の縮みがあります。特によこよりもたての方が大きく縮みます。」
と注意書きがありました。「水通し」が必要な生地です。
注意書きがない場合、生地に10cm四方のしるしをつけて蒸気アイロンをかけて縮み方を確認して下さい。
アパレルの場合は、縮み率が3%くらいまでは許容範囲としている場合が多いです。
「水通し」の方法
1 水の中に一時間くらいつけて十分に水を含ませます。※事前に色落ちがないか確認しておいてください。
2 しわにならないように軽く水を切ります。※洗濯機の脱水機能は使わないで下さい。

3 中表に広げて陰干します。
4 生乾きになったら地の目の縦と横を整えるようにアイロンをかけます。

※乾いてしまってからではいけません。
必ず生乾きの状態でかけましょう。
もし、乾いてしまったら生乾きくらいまで霧を吹きましょう。

「水通し」なしの場合
全体に霧を吹くか蒸気アイロンで、地の目を整えるようにアイロンをかけてください。

何にでもいえることですが、下準備からきっちりと作業を積み上げていくと、 仕上がりが違ってきます。「地直し」はいちばん最初のそんな作業です。

戻る

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

高田小百合

ハンドメイド用でも着心地がよい服の型紙を! と思い作っています!