洋裁型紙のお店Nara-Kara.です。婦人用洋服型紙。大きなサイズ、割烹着、雑貨やバッグの型紙もあります。

〜商用利用についてのお断り〜(2014.5.12)


当店の型紙とレシピは、開店当初から「個人で服作りを楽しんでいただく為」に製作しており、そしてそれをもとにした価格設定をしております。
商用利用にお使いいただくことはNara-Kara.の意図するところではありません。
それでも以前は委託販売やオークションでの販売を可としておりましたのは

「私は趣味で洋裁をやっています。作ることが楽しいので作ったものを
委託販売で販売しています。Nara-Kara.さんの型紙で作ったものも販売してもよいですか?」

というお尋ねからでした。
その時の私は、個人の趣味の副産物の販売ならと思い、「それでしたら当店へのリンクを貼っていただけたらいいですよ」というお返事をいたしました。
それ以降、Nara-Kara.のガイドラインには「おひとりで作製された場合は販売可」ということになっておりました。

しかし、それが「利益を得るための手段として型紙を利用する」ということであれば、おひとりで作られようと何点であろうとNara-Kara.の本意とするところではありません。
「作品を販売する」のと「商品を作る」のは違うと思うからです。
それが「おひとりで作られたものなら可」という部分だけがひとり歩きしてしまったようです。

そこで、あいまいさを排除するため、
個人で作ったものでも販売はお断りをすることを前提に
それでもあえて作品の販売をされたい場合に「商用利用権」を取っていただくことにいたしました。また利用権を取られた方は当サイトに明記させていただきます。
掲載により公明正大な作品の販売にご利用いただけるメリットがあると思います。

〜商用利用の例〜(※「商用=料金が発生する事例」と考えています)

・型紙を使用した作品を販売すること
・型紙をもとにアレンジを加えて作品を販売すること
・型紙を使用し、縫製代行を利益を目的として行うこと
・型紙をもとにアレンジを加えて、縫製代行を利益を目的として行うこと

〜商用利用とはみなされないケース〜


・洋裁のできないお友達や親族に「代わりに縫ってほしい」と頼まれ作成したが、そのさいお礼(お金)を受け取った。(料金ではなく継続的でもない=代行業ではない場合)

〜「商用利用権」の取り方〜


商用利用料として元の型紙代金の15倍の価格をお支払いただきます。
サイズ追加は元価格の3倍です。法人は利用できません。

例えば
1000円のMサイズの型紙を商用に使いたい場合
型紙代金1000円+15000円=16000円

1000円の同型のS・M・Lサイズの型紙を商用に使いたい場合
型紙代金3000円+15000円+3000円+3000円=24000円

・作品についての責任は一切とりません
・商用利用権は著作権の移譲ではありません
 型紙自体のコピー・再販・貸与は固くお断りします。

お申込みの方は『お問い合わせ』よりご連絡ください。

以前ご購入の方で、作品の販売を続けられたい場合にもお手続きをお願いいたします。以前に販売をご連絡いただいております場合は、もしお手続きいただけない場合も排除行為はいたしませんが、今後の販売を自粛していただけますと幸いです。

以上ご理解とご協力をお願いいたします。

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

高田小百合

ハンドメイド用でも着心地がよい服の型紙を! と思い作っています!