洋裁型紙のお店Nara-Kara.です。婦人用洋服型紙。大きなサイズ、割烹着、雑貨やバッグの型紙もあります。

・・・裏地の「キセ」・・・

裏地を付ける場合脇線や袖下、ダーツなどに「キセ」をかけます。

ストレッチ以外の裏地には伸縮性がないので、

運動量を増やすために「キセ」をかけます。

「キセ」をかけると裏地の本体が表地よりゆとりが生まれます。

ごく一般的な素材の場合3mmくらいの分量です。

さて「キセ」のかけ方です。

ダーツの場合

表地のダーツ線より「キセ」分内側にダーツを縫います。

表地のダーツ線のところをアイロンで折ります。

表に返すと小さなプリーツができています。
これが「キセ」です。
3mm巾のキセだと、2倍の6mm分ゆとりができたことになります。

普通の縫い目の場合

表地の縫い目より「キセ」分外を縫い、
表地の縫い目の位置をアイロンで折ります。

ダーツのときと同様、表に返すと「キセ」ができています。

表地が分厚かったり、伸縮性が大きい場合は5mmくらいにします。

ジャケットやコートなどの後中心は通常1cmにします。

戻る

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

高田小百合

ハンドメイド用でも着心地がよい服の型紙を! と思い作っています!