洋裁型紙のお店Nara-Kara.です。婦人用洋服型紙。大きなサイズ、割烹着、雑貨やバッグの型紙もあります。

伸び止めテープについて

 

〜伸び止めテープを貼る目的〜  

伸び止めテープをはる目的として主なものには以下の三つがあります。

1、伸びを止めて縫いやすくする (ラグラン線、袖ぐりなど)
2、伸びを止めて形を保つ (肩線、袖ぐりなど)
3、弱りやすいところを補強する (ファスナー付け位置など)

〜伸び止めテープの基本の貼り方〜 

縫い目にかかるように、
出来上がった時に縫い代の中に隠れるところに貼るのが基本です


〜伸び止めテープの巾〜 

「縫い目にかかる」ようにするには縫い代の巾+2mmが基本になります

10mm巾の縫い代の場合は12mm
12mm巾の縫い代の場合は14mm

市販の伸び止めテープは10.12.15mm巾など巾が限られますので14mmのときは15mm巾を使用するとよいと思います

市販の伸び止めテープは10.12.15mm巾など巾が限られますので14mmのときは15mm巾を使用するとよいと思います

戻る

〜ハンドメイドの洋裁に伸び止めテープを使う場合〜 

でも、家庭用の洋裁に使うときはたくさんの巾を揃えるのもムダが多いと思います。
縫い目にかかればよいので10mm巾の縫い代に10mm巾のテープを使い、端から2mm離して貼ってもよいです。

〜代表的な伸び止めの貼り方例〜

★ファスナー付け位置


個人的には少し伸縮して生地になじむ素材のもので10mm巾か12mm巾の伸び止めテープを使用しています。平織の硬いものより扱いやすいのでお勧めです。

このようなテープです↓


それ以外の巾を使いたいときは接着芯をカットして使っています

戻る


〜伸び止めテープあれこれ〜 


一口で伸び止めテープと言っても巾以外にも素材や特性もさまざまなものがあります。
素材は私が使用しているような少し伸縮するものから、平織りのしっかりしたものまで様々です。
また、縦地の目のテープや少しバイヤスのもの、半分バイヤスのもの。2種類の巾の違うテープを重ね縫い合わせてあるものなどあり、
袖ぐり用、前端用、滑脱(生地の縫い目が割れてしまうこと)防止用などの用途によって
副資材メーカーさんはたくさんの種類を作られています。
なぜたくさんの種類があるかというと、いろいろなアパレル会社の要望に答えるため、
というか答えてきたから増えた。と言えるでしょう。
アパレルのものづくりはいかに「手間なくきれいにたくさんの同じ商品を作る」かということに尽きると思います。それに合わせて縫製を簡単にするためにテープや接着芯が開発されます。

私は、家庭でのハンドメイドはアパレルのそれとは別だと考えています。
ていねいにしつけしたり、ゆっくりと針を進めたり、部分的には手縫いしたりと応用が出来ます。
「縫いにくそうだな」と感じたら伸び止めを使ったり、しつけをしたりと方法もさまざま選べるもので、「こうでなくてはいけない」と決め付けず、素材やデザイン、お好みにより芯や伸び止めの使い方を柔軟に考えたらよいと思います。

戻る

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

高田小百合

ハンドメイド用でも着心地がよい服の型紙を! と思い作っています!