洋裁型紙のお店Nara-Kara.です。婦人用洋服型紙。大きなサイズ、割烹着、雑貨やバッグの型紙もあります。

接着芯を貼る 

 
芯をはる目的として主なものには以下の三つがあります。

1、シルエットづくり
2、補強
3、生地を扱いやすくする

  • 〜接着芯の種類〜

芯の種類は、主に「織物芯」「不織布芯」があります。
手作り用の芯は「不織布」で、ほんの数種類しか扱っていないところがほとんどですが、
アパレル用の芯は本当にたくさんの種類があり、
わたしの経験上は「織物芯」を使われることが多かったです。
「不織布芯」しか手に入らない場合は生地の厚みに合わせて選ぶといいでしょう。
リネンやコットンですと、普通地用になると思います。

  • 〜芯を貼る〜

芯を貼るときに大事なことは

1.
2.蒸気
3.圧力

といわれています。

熱と蒸気で樹脂をとかして
圧力で布地の繊維にしっかりくっつけるのです。
それがうまくいかないとはがれてしまいます。

本来、接着芯は接着機械で接着します。
大きな接着面を持ったアイロンといえるでしょうか?

ただ、家庭では無理なので、
代わりに家庭用アイロンを使用する。のだと思ってください。
ですから、芯貼りは時間のかかる作業です。

家庭用アイロンは蒸気アイロンであることが多いと思います。

140度くらいにして、蒸気をオンにします。
芯によっては「蒸気」をあててはいけないと指示のあるものもあります。その場合は指示通りにしてください。

表裏に注意して生地に芯地を重ねあて布をします。
(あて布はアイロンに芯の樹脂がくっつかないようにするためです。)
アイロンはすべらさず
端から少しずつ押さえながら、

体重をかけて、一ヵ所10秒以上かけます。

蒸気の出る穴は圧力がかかっていませんから、
その部分にも同じように再度かけてください。

全体に接着できたら、熱と蒸気が抜けるまで平らに保ち次の作業に移らないで下さい。
これは樹脂がしっかり布地の繊維にしっかりくっついた状態で安定させるためです。

芯を貼ったパーツは型紙に合わせてみて必要なら周囲をカットします。

戻る

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

高田小百合

ハンドメイド用でも着心地がよい服の型紙を! と思い作っています!