洋裁型紙のお店Nara-Kara.です。婦人用洋服型紙。大きなサイズ、割烹着、雑貨やバッグの型紙もあります。
生地を裁断するとき1・・・型紙を並べる
生地を裁断するとき基本2・・・裁断する

生地を裁断するとき1・・・型紙を並べる

 

通常、型紙の上の地の目は「たて地」のことです。

「たて地」とは巻いてある反物の長いほうの方向です。

生地を二つ折りにして裁断するときは、下側にゆがみやたるみがないことを確かめ、

端どうしを合わせて、横地の目が通っているかも確認してください。

「Nara-Kara.」の型紙は縫い代つきですので、

型紙は縫い代端きっちりにカットしておきます。

型紙の地の目( 矢印の線 )を耳から平行に合わせて配置します。

ここで必ず全てのパーツが配置できるか確認してください。


理想の並べ方は

縦方向に、全て上を向いて型紙が並んでいる
   
    「一方方向」といいます。柄の方向や毛並みがある場合は必ず一方方向です。
       
    これに対し、上下になっているパーツを並べることを「差込み」といいます。
    生地の上下がわからないものは「差込み」でよいです。
    
縫い合わせるもの同士を並べる
    生地の位置による色のムラなどが出にくいようにです。
    

中心が「耳」に来ないように
    ゆがみの出やすい場所なので、正面や背面の人目につきやすいところは避ける
    ほうがよいでしょう。

芯を貼るパーツは周囲にゆとりをみてカットします。
 
    芯を貼ることで生地が縮むことはよくあります。
    芯を貼ったあとで型紙をのせて、余分はカットします。  

写真のように点線で生地を一旦切っておくと狭い室内でも扱いやすくなります。

さて、以上は本当に基本の理想の並べ方です。

前述の「差込み」で並べると、生地が少なくすむことが多いですし、
前端や後端が「みみ」のところに来たとしても間違いではありません。
「なるべくそうしたほうがいいですよ。」というアドバイスだと思ってください。

生地を裁断するとき基本2・・・裁断する


ここからは実際にはさみで裁断するところです。

ずれないように裁断することが大事です。

そこで便利なのが「おもり(文鎮)」です。


写真は小さなパーツですが、もっと大きいパーツになると
「かなざし」をおいてそれに「おもり」を乗せています。

そして、合印(ノッチ)のところだけマチ針を打ちます。
マチ針を打つと生地が少しずれるので最小限にしています。

そして裁断ですが、
はさみの内側(自分の身体側)がパーツの外側に来るようにすると、
(右利きの人の場合写真の矢印の方向に切り進む)
生地が浮きづらくずれにくいような気がします。

戻る

芯を貼るパーツは大きめに裁断します。

パーツを裁断したあとで、合印(ノッチ)に切り込みを入れます。
合印とは、言葉通り、「こことここを合わせて縫うしるし」です。
縫い合わせるパーツの形がすごく異なっているときは細かめに、
まっすぐ同士でゆるやかなカーブのものは粗めになっているのが普通です。

ノッチ以外にしるしのいるところは「チャコ」や「切りじつけ」などでしるしをつけます。

わたしは「目打ち」+「消えるチャコペン」を愛用しています。
たとえばパッチポケット位置だったら「目打ち」で要所に軽くしるしをつけたあと
「チャコペン」でマークしておくという風に使っています。
あと、「チャコライナー(パウダーチョーク)」も便利です。
これは、粉をライン上にひくもので、払うと簡単に取れます。
 

ノッチ(合印)の入れ方

ノッチ(合印)とは接ぎ合わせるときに距離を合わせる印です。(接ぐ=パーツ同士を縫い合わせること)
ギャザーの始まりと終わりには必ず入れます。袖山や、長い脇縫いなども印を入れます。

縫い代のノッチ

縫い代付きのノッチ(合印)は、型紙どおりに生地を裁断したあと
縫い代巾の1/3くらい型紙も一緒に切り込みます。

中心のノッチ

「わ」に裁断したところは型紙上にノッチはありませんが縫い合わせるときに重要です。
印がないとヨーク切替などの中心がずれてしまいますので中心も忘れず、縫い代巾の1/3くらい切り込みを入れてください。
(裾など縫い合わせるところがない場合は入れなくても良いです。)

戻る

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

高田小百合

ハンドメイド用でも着心地がよい服の型紙を! と思い作っています!